​インターネットで上手に買い物するコツ


インターネットで買い物をするときに

これがほしい!

ん?でも、あっちの店の方が安いかも?

いやいや機能が、

ポイントが、

とやっているうちに

おそろしいほど時間が経っていた

ということはありませんか?

ええ、僕はあります

最初に 意思を 示せ

  • ネットで検索
  • 購入をクリック
  • カードで支払い
  • 宅配で自宅に届く
     

じつにカンタン、べんりです

カンタンだからこそ、歯止めが効きません
探している時間も、お金も限りがあります

必要だから買います

要らないものはいらないという意思

広大なネットの海をただようにも
想像力がいるのです

守るべきは まず機能 つぎに価格 の順番

まず

どうしてそれが欲しいのか? 
最低限どんな機能が必要なのか? 

を思い浮かべます
(デザインや手触りなども機能に含めます)

つぎに

それを満たした品物を確定します
品番があればベスト
なければ「検索するためのキーワード

そのあとで

価格や条件のいいところを比較します

どこの価格でも納得できなければ
買うことをやめる
機能を見直しましょう

どの機能を削ったらいくら変わるのか
在庫が復活するのを待つのか、
別の色を買うのか?

避けるべきはこの3つ

1. 価格から最初に見ない

必須機能がないから、といってフリダシに戻ることを避けるため

2. 価格と機能を行ったり来たりしない

価格を見て 機能を見て また価格を見て

というのが最も時間を食います

3. 最安値は狙わない

送料やキャンペーンポイントなど考えると
もっともお得!というのを狙うのは大変です

手間暇かければできるでしょうが、

あなたの時間はタダではありません

少しの金額の差のために時間をかけるのは
あなたの時給を押し下げることになります

30分かけて200円安いところで買うのは

時給400円で働いているのと同じです

地域別最低賃金の全国一覧(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/

あなたの時間はそんなに安いですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする