くつがえる常識、まちがえるインパクト


はじまりは数字の単位

小学生に教えられた数字の単位

googol
グーゴルは1920年に誕生したもので、アメリカの数学者エドワード・カスナーの当時9歳の甥ミルトン・シロッタ (Milton Sirotta) による造語である。カスナーはこの言葉を著書「数学と想像力」 (Mathematics and the Imagination) の中で紹介している。
1グーゴルは1の後に0が100個連なった101桁の整数であり、次のように書くことができる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%82%B4%E3%83%AB


ん??


どっかで聞いたような単語でないかい?

間違いの方がインパクト!

ご存知 あの会社

インターネットの検索エンジンであるGoogleの名前は、命名者ラリー・ペイジによるグーゴル (googol) の綴り間違いに由来する。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%82%B4%E3%83%AB

1.21ジゴワット
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%B4%E3%83%AF%E3%83%83%E3%83%88

何をするだァーッ
http://atmarkjojo.org/archives/71.html

以上を

3大インパクト間違いに認定いたしました(笑)

それちがうでしょ みたいな方が

ツッコミ入れやすいというか

ながく記憶に残るのかしらん?

「常識」は割とくつがえる

最初のネタに戻ると
数字の位では無量大数最強

だと長い間信じてきました

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%8F%AF%E8%AA%AC%E4%B8%8D%E5%8F%AF%E8%AA%AC%E8%BB%A2

フカセツ、フカセツテン

って

一体、なんの魔法ですか?

イイクニつくろう鎌倉幕府」も

どうやら1185年が有力になってきたし

常識とか「学校で教えられてきた」ことも

わりとくつがえるんだなあ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする