いがいとキケンなメモ切り

Pocket

裏の白い紙(裏紙)を見かけると、メモ用紙にするため切っちゃいます。

 裏紙(うらがみ)とは、片面だけが利用できる紙の呼称。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%8F%E7%B4%99

このメモ切り、社会人になったころからかなりの期間、切ってます。
思いついたときに、すぐかける状態にしたいのです。
(同様に手の届くところに書くものもほしい)

・切り方はA4をだいたい4つに切ります。
紙切り専用のはさみで切ります。
↑紙以外の布なども切ると、切れ味が悪くなるのが早いからです。

切ったメモ用紙はまとめてストックしてあります。

↑こういう容器は百均で探すと楽しいです。

つるつるのチラシの紙はメモになったあと、書きにくいです。

あ、ちゃんとしたメモ帳も持ってますよ!

いちおう文具ヲタですから(笑)

うらがみのキケン

この裏紙、表には情報や写真が印刷してあります。

私、会計事務所を営んでおります。

漏れてはいけない情報が書いてある紙は、シュレッダー処理します

それ以外でも、前のバージョンが物理的に残ることは

ミスにつながる恐れがあります。

(完成品に前のバージョンが紛れ込むとか!?)
 ・・・アワワわワワ

そのリスクを考えて、裏紙は使わない方がいいよ、

と先輩からアドヴァイスをいただきました。

   もっともです。

紙資源保護も大事ですが、ミスの方が痛いです。

ためるキケン

このメモ群、内容を検索できれば、最強のデータベースになります。

でも機械で紙をスキャンして、内容を読み取るということにかけて

日本語の読み取り精度まだまだです。

OCRの中心はその実装と応用に移っている。紙に印刷された文書をデジタイズし、よりコンパクトな形で記録するのに必要とされる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E5%AD%A6%E6%96%87%E5%AD%97%E8%AA%8D%E8%AD%98

 いわんや、手書き文字 をや

精度が高いサービスは、だいたい中の人が入力しています。

どこかで、だれかが、入力しないといけない。

それなら、自分の字は、自分で入力するのが一番早いはず。

・・・ためると嫌になります。

メモが散乱した風景はメンタルでも物理的にも、なにかよどんできます。

そうならないように、一定時間をあてて入力するようにしています。

コード キケン

はさみは刃物です。
だから切れます。

まえに机上でメモ用に紙を切っていて、
iPhoneの電源コードすっぱり切ってしまいました。

紙が数枚重なったかな?というくらいの抵抗があり、
ん?と思ったら切れてました。

切ってはいけないもの、替えの効かないもののそばでは

メモ切りはしないようにしましょう

  ・・・・コードとかねッ(笑)!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする