iPhoneユーザ辞書の便利な使い方


iPhoneで特定の単語簡単に表示させたい
というとき

便利なのはユーザ辞書機能です

ユーザ辞書に

この「よみ」を入力したら この「単語」に変換してください

という登録をします

たとえば

うちの最寄りの駅
杁ヶ池公園駅」(いりがいけこうえん

読みにくい地名ですね(笑)

これを

「杁ヶ池公園-藤が丘@230」

と登録すると

交通費の記載をその都度打たなくても済みます
めいえき(名駅=名古屋駅のこと) だと

「名古屋駅-藤が丘@300」

・・・値上げされたら変更しなくてはいけませんが

ユーザ辞書はどうやって設定するの?

歯車マークの「設定」 をクリックして

一般

キーボード

ユーザ辞書

右上の「+」をクリックすると

ユーザ辞書の登録画面になります

ここで

単語」(変換後、表示させたい言葉)と

よみ」(変換させるキーワード)を登録します

辞書登録の良いところ、できないこと

この辞書登録、ほかの方法に比べて

良いところ

1. 連携とか許可などの設定を考えなくていい

2. iPhoneのひらがな入力が使える場面であればほぼ使える

できないことは

1. 複数行の文章は変換できない

2. 文中のここから打ち始めたい、というカーソルの位置指定ができない

注意していただきたいことは

辞書の内容をAppleに送信しない設定にすることです

できればパスワード、カード番号、マイナンバーなどは登録しない

ことをオススメします

語尾につけるひと文字

地名や特殊単語であれば、あまり問題にならないのですが

ネタ」とか「ルール」などは
普通に文章で使います

こういうキーワードを辞書登録すると
意図しない場合まで作動してしまいます

かといって

特殊マークなどを「よみ」に入れると
何度もキーボード画面と切り替えをすることになります

そこで

ひらがな画面から移動しない

辞書登録した単語に一文字を加えて

ふつう使わないであろう単語にしたい!

まず思いつくのは

「!」「?」「。」などの句読点ですが

よみには句読点を使用できません。
拒否されます

空白も同様に使用できません

・・・ざんねん

ならば

」 は?

ことば的には文句なしなんですが、

入力するのにフリックする回数が一回増えてしまいます
(「ぬ」は「な」を上にフリックして表示)

頭に「ん」を付けるのもいいのですが

同じくフリック回数が増えてしまします

(「ん」は「わ」を上にフリックするため)

それなら

」 はどうかしらん?

(フリック不要でさわるだけ)

ねたら」 →<ネタ>@GTD#ブログネタ

るーら」 →<ルール 管理> @ルール#マイルール

採用!

もうねたら って感じで(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする